精神的ストレスや睡眠時間の不足、

栄養不足もカサカサで痒みのある頭皮の乾燥を発症させる原因です。

精神的なストレスがたまったり睡眠時間の不足は、全体的に血行が悪くなります。

すると体の代謝力が低くなって、角質の入れ替わりの肌の循環過程(ターンオーバー)が、正常に行われない場合があります。

それは肌が外側の刺激に耐える力や保水する力が弱くなり、乾燥につながります。

この症状は、頭皮でも同じです。

なおアトピーの肌は、肌の循環過程が短い状態です。

肌再生のサイクルを正常化させるには、まず正しい睡眠が必要です。

就寝後90分間が、最初のノンレム睡眠(深い眠り)なので、1回目のノンレム睡眠をしっかり眠ることが大切です。

次に食生活です。

ビタミンの不足や偏りが問題ですが、中でもビタミンAとビタミンB6は新陳代謝を促すことに寄与するので、上手に摂れるように食事のバランスに気を付けてください。

ビタミンAはほうれん草、人参、紫蘇(しそ)から摂りやすいです。

ビタミンB6はレバーやマグロで十分に摂れますが、バナナなら簡単に摂れますね。

頭皮が乾燥する原因は、理由は様々です。

最も大きい理由としては、シャンプーでの過剰な刺激です。

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

頭皮になくてはならいない分の皮脂を取り除いてしまうことで、頭皮乾燥につながり、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

また、市販されているトニックシャンプーなどを過剰な頻度で使うとか、地肌に爪を立てる・ゴシゴシ洗うなども原因になると言えます。

それと暑いシャワーを頭皮にあてても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、乾燥の改善を阻みます。

このように髪や毛穴の清潔さを保つための洗髪が原因となり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

他、頭皮には避けたい刺激といえば、UVや寒さ、空気の乾燥などですのでできるだけ避けるようにしましょう。

頭皮が乾燥している、あるいはは乾燥しがちで敏感という人は、シャンプーを再チェックしましょう。

使っちゃいけないのは、良くも悪くも地肌の皮脂をガッツリ落としてしまう石油系界面活性剤入りのシャンプーです。

具体的にその成分は、ラウリル硫酸(ナトリウム)ですので、成分表にその記載がある商品は、使わないようにします。

どれがいいかというと肌に優しいアミノ酸が主原料のシャンプーが良いです。

大島椿の椿油シャンプー、第一三共ヘルスケアのミノン、花王のキュレルなどは、市販シャンプーで選ぶとしたらお薦めできます。

地道に続けて頭皮から赤みやかゆみなどのトラブルが減って頭皮が潤ってくれば、気になっていたフケも収まってくることでしょう。

その他のシャンプーを選ぶ時、次の点に着目してください。

オイル系シャンプーなら馬油や植物オイルなど主成分には自然由来の原料が使われているものが良いです。

石鹸系シャンプーなら洗浄力が強い弱アルカリ性ではなく、弱酸性のものを選びます。

薬用シャンプーなら乾性フケ対策になるアラントインが含まれるものをがいいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする