頭皮の匂いに気づいたとき、

消臭スプレーでごまかしたが、ニオイが消えたとは思えなかった。

もしかしてこのニオイはある意味病気?頭皮の匂いに効くシャンプーはもちろん使っているが、丁寧に使ってもなかなか治らない。

臭うなと感じたときは、人気ランキング上位のシャンプーを使ったが、変わったような気がしなかった。

人に効いても自分には効かないということもあるのだろうか。

皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

というのも皮脂は、脂肪酸のニオイを発生させる肌の常在菌が活動するためのエネルギーになるからです。

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

肌のすべてに皮脂腺はあって、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

それは、常在菌が活動するためのエネルギーをもっとも分泌する場所であり、結果的には常在菌が増える好条件にもなっています。

常在菌が増えれば、当然、脂肪酸のニオイも増えてきます。

汗っかきでもそうでもなくても頭皮のニオイチェックの方法は、頭皮を指で擦ります。

そしてその指の臭いをチェックして臭いと感じたならば、頭皮は臭っていると思われます。

他には、ドライヤーを利用してセルフチェックできます。

乾いた髪にドライヤーで後頭部から前に風を送り、その風がクサいと思ったらば、頭皮にニオイがあると思われます。

これらの方法は、男性・女性、大人でも子供でも2歳の幼児でもすべての方に有効です。

枕が時間をかけて何度も皮脂が付くのとは違い、直接頭皮を触って臭いを感じるのは、臭いの原因となる常在菌(マラセチア菌)が活性化しているか、皮脂をシャンプーでしっかり洗い流せていない可能性があります。

特に皮脂については、指で擦った時にテカテカした感じなら分泌され過ぎていることを意味するので、治らないかもと諦めずにその分はキチンと洗い流すことを心がけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする