なぜ、かゆみを感じるかご説明します

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると動き出す物質です。

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中では「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」がたくさん集まっている「炎症細胞」が見られます。

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が作り出します。

それらの物質がかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるということです。

健康な頭皮に痒みは出ないので、逆に言えば、痒みがあるということで頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

頭皮が痒いのは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、菌やダニ、紫外線などいくつか原因があります。

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛になります。

はげないとは言い切れません。

また、できものができて掻いて傷つきそのせいでまた痒くなる、という悪循環になる危険もあります。

頭皮のかゆみが続くならば、原因を明確にしなければなりません。

そのうえで、適切な治療を選択します。

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりも角化型疥癬(かくかがたかいせん)の場合が一般的に感染力が強いです。

ただ、なんと痒くない症例もあり痒みで判断するよりも肌の見た目で判断するようです。

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているので専門医ですら判断するのが難しく、素人ではほぼ無理です。

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする