『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、

20~60代の男女10000人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

ただ、掻くという行為は同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、その点には注意が必要です。

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎があります。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

人の肌には、健康な皮膚にするための常在菌、マラセチア菌のように不必要な常在菌があります。

マラセチア菌は、皮脂を餌として遊離脂肪酸を排出します。

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分泌します。

余分に分泌された皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を作り出します。

それらの物質がかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする