頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

頭皮が赤いということは血行が悪い状態で、血流が悪いと頭皮トラブルの原因になります。

顔色ならば、運動や長時間の入浴をすると毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

しかし頭皮は、事情が違います。

頭皮は身体の中で心臓から遠く、また血管が細いし、もともと血流が悪いので白いのです。

ですので、何もしていないときに頭皮が赤いということは、むしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもというわけです。

頭皮が赤い症状というのは、炎症も併発している可能性があり、症状の程度によってはご自身の努力だけでは早く完全に治すのは難しいかもしれまsねん。

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹などがあります。

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療をするようにしましょう。

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があります。

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から影響されないようにする役目があります。

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因というわけです。

乾燥した頭皮は紫外線の影響を発症しやすくなります。

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その量が満たせないほど洗い流してしまった場合などは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で炎症が発症することとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする