頭皮が赤い症状というのは、

つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

もちろん治るか治らないか、その判断を正しくできるとは言えないので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、紫外線対策をします。

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

皮脂が過剰になったり、頭皮を乾燥させないためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

頭皮の赤みの理由とは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーは、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

硫酸系の成分は、洗う力は強いのですが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮環境にダメージを引き起こします。

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症が発症するきっかけになって赤い部分が生まれます。

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーでも無条件には安心できません。

その洗浄成分には様々なタイプがあって、皮膚と相性の良し悪しがあります。

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、シャンプー後のすすぎが不十分で汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする