頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは

特に痛くないと病気としてとらえない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして起こります。

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも病院で処方される薬でもいずれにしても薬を使った方が治りは早いですね。

治らないことは、ほぼありません。

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

それと肌の再生サイクルに影響のある成長ホルモンが分泌されやすくなります。

免疫力工場は、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすくなります。

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

寝る部屋は静かに暗くしておきます。

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

このようなことが熟睡するコツで、質の高い睡眠になります。

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケアのやり方を見直す必要もあります。

まずはシャンプー前にブラッシングです。

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯でよくすすぎます。

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

その後に必ずドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

生乾きの状態は雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする