痒みや臭い、乾燥やフケ、べたつきなどは

症状の違うトラブルですが、元の原因は一緒でヒトの肌に常在するマラセチア菌である可能性があります。

マラセチア菌が嫌われる点は、臭いのもとの脂肪酸を出すことで、活発になればなるほど大量に出します。

脂肪酸や菌そのものの刺激のため肌の循環再生が乱れ、過敏な状態になります。

それによる発症の仕方は男性、女性によっても違いがあり、たとえば頭皮が乾燥してフケが出たり、チクチクとした痒みがあったり、べたついたり、トラブルが同時多発的です。

頭皮ケア用というシャンプーは髪のケアができないということはありません。

頭皮ケア用シャンプー等の製品は、地肌の問題を改善しながら髪に作用するなど髪のためにもなる製品もあります。

自分の頭皮や髪の状態に合わせて製品選びすることをおすすめします。

人気ランキングの上位になっている製品に注目すると意外と簡単に選べそうです。

もっとも頭皮ケアに限れば、あなたが30代であれば、人気のパナソニック製マッサージャーを利用したり、歪みを気にすることで、女性顔たるみケアにもつながります。

シリコンは、髪や頭皮のケアを妨げると聞いたことがあると、健康な髪や頭皮にするためには絶対にノンシリコンにすべきと考えがちですが、必ずしもそうではありません。

まずシリコンとは、自然界にあるケイ素系の有機化合物です。

ヘアケア製品、基礎化粧品(保湿剤など)、コスメ製品などスプレーかどうか形状に関係なく、口コミされてもされなくても肌に直接使われる製品、医療関係にも滝に使われています。

シリコンは、ヘアケア製品として髪につやを出したり、滑らかにしたりするといった役目があります。

洗髪の時だけでなく、ドライヤーの使うときや普段の生活でも髪同士の摩擦などから守る役割もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする