フケが取れないからと一日のうち洗髪を2回以上

しているならば、それは止めましょう。

シャンプーのし過ぎは、最低限なくてはならない頭皮の油分や水分を取り過ぎてしまいます。

そのことが皮脂を過剰に分泌したり、ひいては臭いの原因になるので、洗髪は、一日に2回以上しないよう心掛けた方がいいです。

そしてシャンプーは、濡らす前のブラッシング、原液が付かないよう泡にして、爪を立てないで揉むようにシャンプーします。

また、後頭部から耳の後ろ、そして頭頂部と洗う順番を気にすることも大切です。

最後はしっかりとすすいで、頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

ときどき頭皮乾燥オイルでオイルマッサージなどのケア用品をおすすめしますが、頭皮の状態に合わせて検討してください。

もし、皮膚科の薬を使用するならどんなに人気ランキングの上位商品でも極潤などの化粧水もオイルも控えた方が良いと思います。

なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、理由は様々です。

最も大きい理由としては、シャンプーでの過剰な刺激です。

これは、男性でも女性でも子供でも赤ちゃんでも春、夏、秋、冬と一年を通して対策すべきなのは同じです。

頭皮の最低限の皮脂さえも取り除いてしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

また、市販されているシャンプーやヘアトニックなどを利用する頻度が高いとか、頭皮に爪を立てる・乱暴に洗う等も原因として考えられます。

それと暑いシャワーを頭皮にあてても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、乾燥の改善を阻みます。

このように頭皮と髪を清潔にするはずの洗髪が原因となり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

他、頭皮には避けたい刺激といえば、紫外線、寒さ、空気の乾燥等がありますので、積極的な保湿を意識しましょう。

アラントインは、肌荒れ、消炎効果(ニキビの赤みを抑える)アレルギー緩和効果、細胞の若返りなどに有力な効能があるとして医薬品に含まれる成分です。

化粧品に含まれると医薬部外品の化粧品に昇格します。

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に含めることで、化粧品に含まれる他の成分による刺激性を緩和することで、製造者が、化粧品内染料の刺激を耐えたい、新たな敏感肌向けの商品を開発する場合に有用です。

また、育毛の効果があったり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のため目薬に利用される成分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする