頭ににきびができてしまうのは、

過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こしてにきびになります。

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびができやすい環境になっています。

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どんな違いがあるかご存知ですか?かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと思っている人には、不思議な点かもしれません。

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、医学上は同じです。

顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

顔でも頭でも条件が揃えば、赤く吹き出ます。

頭の場合、たくさんの毛穴があって皮脂の分泌が盛んです。

また、顔に比べて長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように目立たないので、対処がおざなりになりがちです。

そういったことで、頭にできるニキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

頭皮のにきびは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが必要です。

また外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

そのために意識すべきことは、次の通りです。

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、タバコを止める、アルコールはほどほどに、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮に優しい洗髪をする、等です。

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする