頭皮への気遣いは、

保湿と洗髪がポイントです。

シャンプーは、頭皮の脂を取ることに一生懸命になりがちですが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もあります。

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

酷くなるとネットで見かけるような画像のように発症することもあります。

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

ストレスが原因かもしれませんし。

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

後頭部に炎症ができて治らないときは、枕と炎症部分がこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

常に枕のカバーは清潔にするよう心掛け、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

頭皮湿疹や痒みの防止は、薄毛対策になります。

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(症例は画像検索して参照してください)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばもっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になるケースがあります。

それは子供でも同じで、間違った治し方だと痛い・かゆいが治らないこともありました。

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスや自律神経の乱れ、間違ったシャンプーなどがあり、それらは薄毛を引き起こすこともあるので、注意が必要ですね。

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

かゆい・痛い頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは禁物です。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

頭皮がピリピリしてはいけません。

シャンプーを手に適量を取ってよく泡をたたせます。

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

濡れた髪は、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

これにより頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

当然、抜け毛の予防にもなります。

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方にしたいと思った場合、油断せず患部の画像も見てください。

それが軽く考えた末路かもしれません。

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする